イベント紹介

弊社のイベントや陶芸家の個展などについてご案内します。特にプロの陶芸家の個展開催の案内に力を入れます。陶芸家の方で、個展開催のもっと幅広く告知したいとお考えの方は、ぜひご連絡ください。無料で掲載できます。

イベント紹介

有田焼窯元・深川製磁による新業態”ティー&ギャラリーが東京ミッドタウンにオープン

有田焼の有名ブランド、深川製磁による新業態ティー&ギャラリーが、2020年3月30日(月)に東京ミッドタウンにオープン。磁器職人がひとつひとつの器に手わざを盛り込み、上品で透明感のある風合い、手に馴染む形や手触り、最適な重量など、長く使えるよう細部まで精巧に作られた器だ。
イベント紹介

吉野浩志さんの作陶展が、新宿京王百貨店で開催された

「自然に寄り添う暮らしの中で、土を求め採り、窯を築き、薪を割り、窯を焚く、万里一空を常とし、作陶する」陶芸家・吉野浩志さんの作陶スタイルです。美濃の幸兵衛窯にて、加藤卓男、七代加藤幸兵衛に師事するも、作風は全く異なり穴窯による薪の炎と、土の個性の融合に魅力を感じた彼は、炎と語り合うスタイルを追求し続けている。
2020.03.25
イベント紹介

陶芸家 船越保さんの個展 Carbon Aromaが、八丁堀プラグマタで開催された

陶芸家・船越保さんの個展“ Carbon Aroma” が、東京都中央区八丁堀のプラグマタギャラリーで開催された。船越さんの作品は、信楽焼と黒陶が二つの柱ですが、ギャラリーでは黒陶による作品が出展された。鉄網を使った黒陶の置物や陶額など、渋さの中にもチャレンジングな作品の数々に心惹かれました。
2020.03.31
イベント紹介

山田翔太 陶展 -JAPAN-が銀座三越7階ジャパンエディションにて開催された

「山田翔太 陶展 -JAPAN-」が、東京銀座三越の7階ジャパンエディションにて開催された。今後さらに活躍が期待される若手陶芸家、自称アスリート陶芸家の山田翔太さんが、日本を象徴するモチーフをテーマに掲げ作陶した作品を中心に展示された。山田さんは毎年、フランスでも個展を開催している国際派の陶芸家でもある。
2020.03.31
イベント紹介

勝田友康陶芸展開催、東京文京区の音羽画廊に訪ねる

今回の個展訪問に先立ち、町田にある彼の陶房・柏葉窯を訪ね、窯焚きの様子を見学させてもらった。 だいだい色に光る炎が薪窯の煙突から勢いよく噴き出していた。今回の個展ではき締め(信楽焼風、備前焼風)の作品が多く展示されていた。
2020.02.25
イベント紹介

アメリカンクラブに勝田友康陶芸展を訪ねる

陶芸家・勝田友康さんの陶芸展が、東京都港区麻布台の「東京アメリカンクラブ、フレデリック・ハウス・ギャラリー」で、2019年9月24日から10月14日まで開かれた。当日はギャラリー主宰者から勝田さんの紹介があり、勝田さんからは今回の個展開催の経緯と作陶への思いが語られた。
2020.02.24
イベント紹介

プロの陶芸家にインタビュー~陶芸家 濱住真至さん【陶芸を語る】

濱住真至(はますみ まさし)さんは、私の住む東京都稲城市を拠点とする陶芸家だ。その陶房は私の家からクルマで5分もかからないところにある。彼は稲城の土を100%使ったブランド「稲城焼」を立ち上げ、商標登録もした。作品は食器が主体で、その作風は買い手の希望に柔軟に対応する多彩なうつわと彼独自のブランド・稲城焼との二刀流だ。
2020.02.25
イベント紹介

日本全国の著名な陶芸美術館を紹介

全国各地で陶磁器を中心に展示している美術館を紹介します。
2020.02.25
イベント紹介

柏葉祭(陶芸家・勝田友康氏主催)は大盛況

陶芸家兼陶芸教室主宰者の勝田友康さんが主催する「第7回柏葉祭」に行ってきました。当日は勝田さんをはじめ、生徒さんの作品の展示、販売のほか、炭火を使ったインド料理「タンドリーチキン」を焼くという体験型料理イベントも開催されていました。教室隣りのご自宅リビングがカフェとして開放され、コーヒーをはじめ洋菓子も揃っていました。
2020.02.25
イベント紹介

【その後の活躍】陶芸家 山田翔太さん

アスリート陶芸家・山田翔太さんのインタビュー後の活躍ぶりを紹介します。以下、山田さんが彼のインスタグラムにアップした記事と写真です。彼は毎年フランス各地で個展を開催している。彼のすごいところは、これらをすべて自費でやっていることだ。日本文化の紹介を自費でおこなっている、まさに「民間大使」だ。
2020.02.25
イベント紹介

「自由な作風の笠間の陶芸家たち」ー 笠間陶炎祭の写真集

笠間焼の陶芸家はそれぞれがとても個性的で、笠間周辺で作陶しているというのが唯一の共通点だ。どの作家もそれぞれ自由に個性を表現しており、伝統的な笠間焼のイメージをはるかに超越している。見ててとても楽しくなる作品が多いです。
2020.02.17
フォローする