山田翔太 陶展 -JAPAN-が銀座三越7階ジャパンエディションにて開催された

イベント紹介
この記事は約2分で読めます。
広告

広告
広告

開催初日、さっそく鑑賞してきました

個展の開催初日の3月11日の午後、銀座三越7階の個展会場を訪ねました。

久しぶりにお会いした山田さんでしたが、相変わらずの笑顔で迎えてくれました。

作品の説明を受けながら、一点一点に込めた山田さんの想いが伝わってきました。

抹茶碗の見込みと茶溜まりの富士山、素敵ですね。

こんな景色でいただく抹茶、さぞかし美味しいでしょうね!

一見の価値あり

「山田翔太 陶展 -JAPAN-」が、東京銀座三越の7階ジャパンエディション内にて開催。

ぜひ訪ねてみてください。

アクセスは、銀座三越 7階 ジャパンエディション

2020年は、東京オリンピック、パラリンピックの年。

ますます世界各国の人々が日本への関心を強める年になるでしょう。

多くの人が日本、東京を訪れることでしょう。

今後さらに活躍が期待される若手陶芸家、自称アスリート陶芸家の山田翔太さんが、日本を象徴するモチーフをテーマに掲げ作陶した作品を中心に展示される。

富士、桜、梅など季節感溢れる日本の風物が、茶碗、酒器の中に鮮やかに映し出されます。

山田さんは毎年、フランスでも個展を開催している国際派の陶芸家でもあります。

山田翔太さんのFacebookはこちらから

山田翔太さんへのインタビュー記事はこちら https://to-raku.com/interview-shota-yamada/

アスリート陶芸家 山田翔太さんの5つのこだわり

  1. 完全一点ものにこだわる。大量生産はしない。
  2. そのときの感性をうつわに込める。一瞬の美を追求。
  3. 変化を求め作風は定めない。様々な価値観と積極的にコラボ。
  4. 使い手目線のうつわの提案。個展での交流を重視する。
  5. 一番のサポーターは家族。感謝の気持ちをいつも忘れない。

アスリート陶芸家 山田翔太さん(Shota Yamada)のプロフィール

1988年千葉県生まれ
高校1年生の時に陶芸を始める。現在、東京都内の共同工房にて作陶。
10年間のラグビー経験をいかし、現在はトライアスロン選手として大会に出場。会社員として働きながら、うつわにアスリートの美意識を取り入れた ”Athlete Ceramist”として東京とフランスを拠点に活動中。

文:小暮貢朗