【趣味で始める陶芸入門】陶磁器の特徴~お手入れと使うときの注意点

陶芸の手引き

この記事は読むのに、約 3 分かかります。

焼き物と一口に言っても陶器や磁器、炻器など、様々な種類があります。

(参考)やきものにはどんな種類がある? 陶器や磁器… その違いと特徴を解説

ですが、私たちがいつも食器として使っているのは、ほとんどが陶器か磁器。

普段は何気なく使っているその食器、陶器か磁器かによって特徴がありますし、使うときやお手入れで注意したいポイントがあるんです。

せっかく手に入れた器を長くきれいに使っていくためにも、その特徴と使うときの注意点を覚えておきましょう!

スポンサーリンク

陶器と磁器の特徴とは?

陶器と磁器、よく見たら違いがあるんですが、どうやって見分けたらいいのかわかりにくいですよね。

それぞれの特徴を簡単にまとめますので、まずは今持っている食器がどちらなのかチェックしてみてくださいね!

陶器

陶器は、磁器に比べて目の荒い土から作られているので、ザラザラしているのが特徴です。

ただし釉薬がかけられている部分はつるんとしていることもあるので、器をひっくり返して高台と呼ばれる部分を見てみましょう。

器を置いたときにテーブルに接する部分には釉薬がかけられていないことが多いため、そこを見て見分けることができます。

目が荒いため吸水性が高いことも特徴。磁器に比べてもろく、欠けたりヒビが入りやすいです。

叩くと低くて鈍い音がしますので、指で軽く叩いてみてもわかるでしょう。

光にかざしても、まったく光を通さないというのも特徴。

磁器

磁器は、陶石(とうせき)という石を原料として作られていて、非常に目が細かいのが特徴。

器をひっくり返してみると、テーブルに接する部分はツルツルしていることがわかります。色も、透明感のある白なので、陶器の白とは違います。

陶器のような吸水性はなく、叩くとカンカンと高い音がします。

また、光にかざしてみると向こうの光が透けて見えるのも磁器の特徴です。

ただし熱しやすく冷めやすいため、保温性は低く、熱いものを入れたときには注意が必要です。

陶磁器を使う前・使った後のお手入れ方法

陶器と磁器の特徴を覚えたところで、使うときの注意点についてみていきましょう。

陶器・磁器ともに気をつけたほうがいいこともあれば、特徴に応じた注意点もあります。

使う前、使った後にどう取り扱うべきか、どんなお手入れをしたらいいのか、お伝えします。

  

タイトルとURLをコピーしました