プロの陶芸家にインタビュー~陶芸家 山田翔太さん【陶芸を語る】

インタビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スポンサーリンク

「アスリート陶芸家」として、異業種とのコラボ企画を展開する新タイプの陶芸家

42717351_21988758870003210023936_n

山田翔太(やまだ しょうた)さんはあらゆる面で、既存の陶芸家と一線を画する陶芸家だ。

本人は「アスリート陶芸家」(アスリートの美意識を持った陶芸家)を自称するが、単に「アスリートで陶芸家」という枠をはるかに超えた活動ぶりだ。

昼は業界トップの財閥系大手企業で働くサラリーマンだ。副業が認められているにしろ、30代で早くも責任ある肩書で、仕事はかなりハードな筈だ。

それでも寸暇を惜しんで共同工房で作陶を続けている。

週末はたぶん奥様とお子さんを連れてだろうが、郊外でハードなトライアスロン(水泳・自転車・マラソン)の練習にも打ち込んでいる。まさにスーパーマンだ。

中高一貫校に通った高校時代に授業で陶芸に出会い、ラグビーに明け暮れた大学時代を除き、今まで作陶してきた。

陶歴は10年だが、年齢は31歳と若い。これからの活躍が本当に楽しみだ。

銀座三越で開かれた“Tea Ceremony for Athletes”に参加した彼は、スポーツや茶道をはじめとする異業種とのコラボに関心が強い。

今後は様々な分野との連携に力を入れ、新商品の販売面で積極的にコラボしたいという。

「一人ぐらい私みたいな陶芸家がいても、いいのではないですか」―彼は既存の陶芸家のイメージにハマらない新しい陶芸家のスタイルを確立しようとしている。

「いろんなことにチャレンジしたくても1歩が踏み出せないサラリーマンに、自分の前進する姿を見てほしい」とも言った。

働き方改革が議論されるなか、彼の二刀流は多くの若者の模範となる。

「アスリート陶芸家」として陶芸の新境地を開拓するとともに、令和時代の新しい生き方を示してほしい。

52553778_12723016895901096_3749811865553271265_n

アスリート陶芸家 山田翔太 5つのこだわり

  1. 完全一点ものにこだわる。大量生産はしない
  2. そのときの感性をうつわに込める。一瞬の美を追求
  3. 変化を求め作風は定めない。様々な価値観と積極的にコラボ
  4. 使い手目線のうつわの提案。個展での交流を重視する
  5. 一番のサポーターは家族。感謝の気持ちをいつも忘れない

54247953_263030351282025_8222346897105680870_n

陶芸との出会い

山田翔太さんは千葉県松戸市生まれ。

中学2年の時にラグビーをはじめ、高校ではキャプテンで、スクラムハーフ、スタンドオフなどバックスのポジションは何でもこなすオールラウンドなラガーマンだった。

そのころからマルチな才能はすでに発揮されていたのだ。彼は高校1年生の時に、授業で陶芸と出会った。

陶芸の先生が元大学のラガーマンだったことから陶芸は印象深いものになった。大学時代は体育会ラグビー部に属し、ラグビー漬けの毎日を過ごした。

社会人になり陶芸をすぐに再開したので、陶歴は通算10年になる。仕事外では陶芸、トライアスロン、茶道に打ち込んでいる。相変わらずのマルチぶりだ。

51890442_3597365014878874_2289094939904075837_ny_2371703

陶芸と異業種コラボという新しいスタイル

彼には師匠もいなければ、公募展に出展する気もない。陶芸家としての既存ルートは頭になく、まったく新しい陶芸家のスタイルを模索している。

彼の関心は「作り手と使い手の目線がずれていないか」にある。時間と経費をかけた薪窯の作品に憧れるが、その分値段も高くなる。

丹精込めた作品だから高くても仕方がないという姿勢ではなく、喜んでもらえるものをどう売り出すかに力を注いでいる。

彼の強みは会社員であり、収入が確保されていることだ。「自分はいま、身銭を切ってでも様々な分野(特に意欲的な中小企業)とコラボしたい。

陶芸以外に収入源があるのが自分の長所。報酬内容にこだわらなければ、中小企業でもコラボに乗りやすいのでは?」という姿勢だ。

今後もできる限りサラリーマンを辞めずに、今の二刀流スタイルを追求する考えだ。

25007219_179153949495496_9179903291327250432_n

タイトルとURLをコピーしました