【陶芸を語る】陶芸家 尾﨑髙行さん

インタビュー
楽天通販


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

やきもの好きな少年の心を忘れず、他の追随を許さぬ作品作りを目指す炎の陶芸家

2018年11月3日笠間陶と暮らし 103

尾﨑髙行(おざき たかゆき)さんの作品は織部・志野の美濃焼、信楽焼風の焼締めが多い。

その作風は大胆かつ豪快だが、お会いしてみると分かるが本人はえびす様の笑顔を持つ、心優しく実直な人間だ。

周囲への気遣いはいつも忘れないが、自分の信念は決して曲げない心の強さが垣間見られた。

彼は窯元の生まれでもなく、師匠についたわけでもない。小学生で陶芸に出会って以来、自分の探求心を頼りに手探りで作陶を続けてきた。

生活を支えるために彼はいろいろな職業に就いたが、その間決して陶芸をやめることはなかった。

30代半ばに茨城県鉾田市に土地を購入し、自らの手で穴窯「夢現窯(むげんがま)」を構築し、陶芸家として生きることを決意した。「劣等感をバネに生きてきました」と彼は言った。

今後の目標はと訊ねると、「自分の中で造形力を高めたい」「この作品、尾﨑だよね!」といってもらえる作品を作りたいと即答した。

笑顔で「人間はちっぽけな生き物」「やりたいことは死ぬ前にすべてやる」と言った彼のまなざしは力強く、新たな陶芸の道を切り開こうとする意気込みが伝わってきた。

13568876_842234982543990_6657886899440061824_o

陶芸家・尾﨑髙行 5つのこだわり


1、美術陶芸(飾り物の陶器)にも力を入れるが、日用の食器作りはやめない
2、食器としての盛り映えを重視する。買い手に媚びて、使い易さに流されない 3、陶芸は炎の芸術、炎を潜らせはじめて価値が出る。本焼きに電気窯は使わない
4、「釉の流れ」と「土の粗さ」が醸し出す景色の美しさを追求する
5、劣等感を生きるバネにしてきた。これからもその意識は忘れない

55464975_2053908331391923_2809210225662361600_n

陶芸家に憧れた少年時代

尾﨑さんは1973年に東京都足立区で生まれ、小学生の時に早くも陶芸と出会ったそうですが。

小学4年生のときに地元の児童館の2階で夕方陶芸教室が開かれていて、興味を持ったのが始まりです。

その後足立区が情操教育の一環として各小学校にも陶芸窯を導入したことも重なり、陶芸に引き込まれました。

当時学校が校内暴力で荒れていて、非行に走られるよりはマシと両親が考えたのか、6年生の私に電動ろくろと灯油窯を買い与えてくれました。そのろくろは今でも使っています。

わたしの父が萩焼で有名な山口県萩市の出身であったり、おふくろの父親、つまり祖父が大の陶芸好きだったという環境で育ったこともきっかけでした。

46732002_1978687125551035_4646124154073175773_n38072636_699682427061702_2674072687466250240_nIMG_20190319_165610_430

独学で陶芸を続ける

陶芸を始めた頃にテレビで見た、加藤唐九郎さんと荒川豊蔵さんのドキュメンタリー番組で穴窯で志野を焼く「やきものの世界」に完全に魅了されました。

彼らは桃山陶の美をひたむきに追い求める中から、志野・瀬戸黒、あるいは黄瀬戸・織部などに新境地を切り開いた陶芸家です。

特に加藤唐九郎さんのドクメンタリーはその番組名や流れていた音楽、内容の詳細をいまでも鮮明に覚えています。頭に焼き付いているという感じです。

また私はやきものの色としては「緑」が好きなので、緑釉の織部や緑色のビードロが入った信楽焼が好きです。以前乗っていたクルマも透き通った緑色でした。 

中学生の時、私が陶芸に熱中していることを知っていたある先生から「高校に進学せずに焼き物の産地へ行ってこい」と言われ、親と信楽焼と備前焼の窯元を訪ねたことがありました。

そのときに備前焼の陶芸家・中村六郎さんの窯元を訪ね、「高校を出てからでも遅くない」と言われ、定時制高校に進学しました。 

高校卒業後は熱帯魚店勤務に始まり、トラック運転手、土木会社勤務などいくつか勤務先を変えながら焼き物作りを続けました。

最後に勤めた厨房設備会社には約10年間勤めましたが、これと並行して2006年ごろからは作った作品の販売も始めました。

2010年から笠間の陶炎祭(ひまつり)にも出店を始め、陶芸家として独立を決意しました。

51385502_387269022037510_3597622963820291507_n53761978_2053784664737623_7060583315845152768_o50636891_2294626707459735_7917193051918801840_n

公募陶芸展に出展しないのですか? 

出展してませんし、日本陶芸展などの会員にもなっていません。窯元などの世襲制や陶芸家に師事する徒弟関係とはまったく縁がない世界で、陶芸を続けてきました。

だから公募展に出展することにも距離を置いて来ました。いまは陶芸一本で生計を立てており、今後は全国的な会にも積極的に参加することも考えています。 

ただ公募展に出品するような創作性の高い作品作りだけで生計を立てるのも難しいでしょうし、好きな食器作りは続けます。

作家物の食器は量産品とはまるっきり違う魅力があります。私の食器作りのコンセプトは、「かさならない、粗い、使いやすさに流されない」です。

一点物なので見た目に迫力を出したい。実用美に寄り過ぎると粗さの良さが削られてしまう。つまり料理を盛った時の盛り映えを重視したいのです。 

いままで陶芸を独学で続けてきましたが、窯業学校で専門的に陶芸の基礎を学んでこなかったことや、プロの陶芸家に師事したことがないことが常に劣等感になっていました。

公募展など表彰を受けるところにあえて近づかなかったのも、そんな気持ちがあったからかもしれません。

2018年4月29日笠間陶炎祭 033

今後陶芸で目指す方向は?

作品に大胆さだけでなく、「造形力」を磨きたいですね。最後の一味がまだ足りないと思います。

「これ、尾崎の作品だよね・・・」とすぐわかるようなインパクトを探求しています。その中で「釉薬の流れ」と「土の粗さ」が創る景色の美しさにいま大変興味があります。

備前焼で人間国宝の陶芸家、山本陶秀さんの言葉、「他の追随を許さない作品をつくる」 が印象に残っています。 

尊敬する陶芸家は? 

美濃陶の加藤唐九郎さんと備前焼の山本陶秀さん です。

二人とも故人ですが、私を焼き物の世界に導いた心の師匠です。生きてる間に少しでも近づきたい存在です。

2018年4月29日笠間陶炎祭 041

陶芸以外のこだわりも半端じゃない

先ほどエンジンをかけていただきましたが、GMのシボレーですか?低いエンジン音がズシリと響きますね。

V型8気筒の5000㏄エンジンです。シボレーでも私の場合は、1959年製のシボレーにこだわっています。そのころのアメリカではクルマは毎年モデルチェンジしてました。

私はこの1959年製シボレーの流線型のフォルムが大好きなんです。希少性もあるし、特にテールライトに魅力を感じています。それ以外のシボレーには関心がありません。

20年前にクルマ好きのローライダーのグループに入り、全部が動くクルマではなかったですが、一時は1959年製シボレーのみ7台所有していたときもありました

― 尾﨑さんから名車シボレーの話をお聞きしながら、私(筆者)はむかし映画館で観た「アメリカン・グラフィティ」という映画を思い出した。

確か1962年の夏、明日に旅立ちを控えた若者たちの夕刻から翌朝までの半日を追う映画だった。

タイトル通り「落書き(グラフィティ)」のように物語が展開する青春映画だった。ベトナム戦争に突入する前の、私のイメージにある「最もアメリカらしい」時代だった。

49715083_137804403891820_1771627317046931885_n003011

 東日本大震災のボランティアにも参加

今年も福島県南相馬市にクルマ好きの仲間とボランティア活動に行きました。今までに4、5回お手伝いさせていただいています。

私自身も2011年の東日本大震災で被災し、最初の窯を全損しました。その後陶房は東京の足立区に、穴窯はここ茨城県鉾田に構える体制で作陶を続けています。

実は最初の穴窯が震災で使えなくなったことで、穴窯焼成でない織部焼を本格的に始めたいきさつがあります。 

私は尾﨑さんの個展は、都内や茨城県笠間でしか観たことがありませんが、尾﨑さんのフェイスブックやインスタグラムを見ると、名古屋三越や豊橋ほの国百貨店など中部地区でも個展をひらかれていますね。

そして終了後は織部・志野の聖地とはいえ、必ず美濃の古窯を巡り、 美濃陶の研究を怠らないのがすごいですね。立ち寄るのは土を仕入れていることもあります。

土にはこだわっていますから。陶土はおもに美濃、信楽、唐津の土を使っていますが、どちらかと言えば、パサパサした扱いづらい土が好きです。

ある面うつわの表情を出しやすいことがあるんですよ。成形方法は、たたら作りが70%、ろくろ成形が20%、手びねりが10%という感じです。

20011_667284773372755_4253427083142467113_n50966820_2109263202501839_1752139181330492323_n
51511159_1995716653877758_829423863497490432_n49646924_592905861163601_1729350877886396315_n

  陶芸家を目指す後輩にひとこと 

あえて厳しいことを言わせてもらえば、「いくら親しくても、まわりの陶芸家は敵だよ」ということです。

ときより訪ねてくる窯業学校の生徒さんにも「どんなにクラスで親しい間柄でも、仲良しごっこ(馴れ合い)はいけないよ」とあえて苦言を呈しています。

それくらいの覚悟が必要だと本人に自覚してほしいからです。陶芸家は腰掛けで決してできる仕事ではありません。

2018年4月29日笠間陶炎祭 037

尾崎高行(Takayuki Ozaki)プロフィール

1973年 東京都足立区に生まれる
1983年 小学校4年生の時に陶芸と出会う
1985年 小学校6年生に自宅に築窯。独学で陶芸を始め、信楽、織部、粉引、志野を中心に制作を行う
2006年 茨城県鉾田市に穴窯を築窯
2007年 桜の里陶芸展にて奨励賞
2009年 「尾崎高行 穴窯作品展 炎の足跡」(ギャラリー元町)をはじめ、個展・グループ展多数
現在、笠間焼協同組合員

作品

2018年11月3日笠間陶と暮らし 1141 (2)
12080435_1490362264593826_2040826831_n4 (1)
3 (15)11 (4)
15802582_1236237676445357_6574366732738101248_n30593371_232862700784615_1605685970424823808_n

ライターコラム

わが家に尾﨑さんの作品の織部の小皿が数枚ある。以前尾﨑さんの足立区にある陶房を訪ねた際に頂いたものだ。妻がとても気に入っている皿で、とっても使い勝手が良いのだそうだ。

妻に使い勝手の良さの理由を聞いてみた。どんな料理でもその皿に盛ると美味しそうに見えるらしい。尾﨑さんがこだわっている「盛り映え」が良いということだ。

尾﨑さんのSNSを見ると本当に毎日忙しく、日程をビッシリ埋めて活動していることがわかる。好きなB級グルメ三昧に時間を割く以外は仕事に集中している。

「やりたいことは死ぬ前にすべてやる」と公言する尾﨑さんならではの活動ぶりだ。窯焚きの手伝いに来ていたお二人を、私に名前だけでなく丁寧に紹介してくれた。

いかにも人を大事にしている尾﨑さんらしい。急がずじっくり腰を据えて、偉大な陶芸家の生きざまを追ってほしい陶芸家だ。

ライター 小暮貢朗   

タイトルとURLをコピーしました