プロの陶芸家にインタビュー~陶芸家 濱住真至さん【陶芸を語る】

イベント紹介

この記事は読むのに、約 4 分かかります。

スポンサーリンク

料理を活かすうつわ作りを探求し、やきもの新ブランドも立ち上げた二刀流陶芸家

DSC051934

濱住真至(はますみ まさし)さんは、生活の中にほっこり馴染むようなうつわ作りを目指している。

決して派手ではないが、料理を引き立たせる・・・・そんなうつわ作りが彼の持ち味だ。

他方で、彼は地元の土を100%使った新たなやきものブランド「稲城焼」(Inagi-ware)を開発し、彼独自のやきものブランドの育成、普及に努めている。

彼の陶芸家としてのスタイルは、自分がイメージした作品をただ作るだけでなく、使い手の要望を極力取り入れた、いわばオーダーメイドのうつわ作り。

自分が表現したい作品を作り個展や陶器市で販売する作家は一般的だが、顧客のニーズを取り入れながらも自己表現の作品を作り上げ販売する手法は、実は意外と珍しい。

彼は常に顧客の要望に沿いながら、彼だから表現できる新たなうつわ作りを模索している。

DSC05915

陶芸家 濱住真至5つのこだわり

  1. 料理を引き立たせるうつわ作りを常に心掛ける
  2. 割烹、居酒屋、カフェ、家庭など、使われ方に合ったうつわ作りを探求する
  3. 使い手の要望を取り入れた、オーダーメイドなうつわ作りを極める
  4. 独自ブランド「稲城焼」を全国、さらに世界へ向けて発信する
  5. 釉薬は独自の調合にこだわり、多種多彩な色づくりを追求する

DSC05850

なぜ陶芸家に?

濱住真至さんは1977年生まれ。生後3か月で神奈川県川崎市から隣接する東京都稲城市に引っ越して以来、ずっと稲城で暮らしている。

現在、市内坂浜で自然に囲まれた陶房とそれに隣接するギヤラリー「濱陶器」を主宰している。

陶芸を始めたきっかけは、1997年20歳の時。自身が心の病に苦しむ中で、リハビリとして土と触れ合い癒されたことによる。

彼はそれを契機に陶芸家・川下善靖氏に師事し、うつわ作りの基礎を学んだ。

同時に陶芸教室の助手を務めながら、作陶の腕をあげていった。同時に画家・小根山幸子氏にも師事し、デザインとしての絵画も学んだ。

5年後の2003年からは、新たに陶芸家・花原ひろ子氏に師事し、陶器作りの最初の工程から販売、個展の開き方など陶芸家として必要なすべてを学んだ。

陶芸家として独立するまでの10年間、生活を支えるためにアルバイトや正社員として会社で働きながら、作陶を続けた
FB_IMG_1562206775597 (1)

公募展で高い評価を受けたのがきっかけ

陶芸家としての独立を決意したのは、2012年から」公募展に出展しはじめ、『青緑彩壺』と『黒天目金彩壺』『黒心』が入選したことがきっかけだった。

翌年開催の陶芸財団展で『地球憤怒』が優秀賞に選ばれ、また全陶展で抹茶茶碗の『軌跡』が入選するなど、濱住さんの作品は髙い評価を受ける。

料理や花など相手を活かすうつわ作りに関心あり

作った作品を個展や陶器市で販売する作家が多い中、彼は個展をあまり開かない。

彼は出来上がった作品を個展を開いて販売するのではなく、買い手の好みに合わせて受注生産する「陶器のオーダーメイド」方式をとっている。

また陶房に隣接して個人の常設ギャラリーを持っているのが彼の強みだ。

ギャラリーを訪れた個人、法人から直接作品を手に取りながら要望を聞くことができるのが、陶芸家としての新しいスタイルだ。

このギャラリー併設というスタイルが、彼のオーダーメイド販売方式を可能にしている。

DSC05927

オーダーメイドのうつわ作りが真骨頂

彼の陶房「濱陶器」へは、割烹料理店主、居酒屋店主、レストラン経営者など法人からの注文が多い。

その理由は彼がニーズに応じて作陶する「オーダーメイド方式」を取っているからだ。

自分の作風に合わせて作陶する作家は多いが、彼のように顧客からの注文に合わせて作る陶芸家は多くない。

注文を受けた作品の多くには基本的に対応力のある信楽の土を使っている。

どんな料理に使われるかを念頭に、うつわの形や使い易さ、色の組み合わせを考えている

DSC05909

タイトルとURLをコピーしました