【陶芸を語る】陶芸家 坂本新さん

インタビュー
坂本新さん
楽天通販


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

笑顔の中に闘志を秘めたラスター彩を巧みに操る新進気鋭の陶芸家

2018年11月20日 018

陶芸家・坂本新(さかもと あらた)さんはまだ30歳と若いが、すでに陶芸家として多くの経験を積んでいる。

高校時代に早くも陶芸に目覚め、瀬戸の窯業学校、イギリスでの短期陶芸修行、沖縄・石垣島での陶工としての経験を経て、茨城県笠間市で現在の陶房を構えた。

彼の笑顔の向こうにある陶芸への想いは、すさまじい迫力さえ感じる。将来の活躍が実に楽しみな作家だ。

陶芸家 坂本新 5つのこだわり

  1. 窯で土を焼くことは、「火の力」すなわち自然に結果をゆだねる行為と心得る
  2. 日常使いのうつわ作りが目標。うつわは器である以上、使われることで価値が出る
  3. 美しい造形美を意識。見た目を大事にする
  4. ラスター彩を極める。光を浴びて乱反射する虹彩を活かす
  5. 時代を代表する陶芸家になり、美術史に名を遺す

陶芸家を目指したきっかけは?

千葉県の船橋市で生まれ、小、中、高と船橋で過ごし、小さい頃から絵を書いたり、ものを作ったりすることが好きな子供でした。

高校は美術に関心があったので、美術工芸科のある東京学館船橋高校を選びました。高校2年のときに陶芸の授業があり、そこで初めて陶芸を体験。

そのときの土を練る感覚や焼くことで柔らかい土が固い陶に劇的に変化する様が面白く、一瞬で陶芸にのめり込んでしまいました。

その後すぐに陶芸部に入部し、卒業後は愛知県瀬戸市の窯業学校に進みました。そのころから将来やきもので生活できればと考え始めました。

坂本新1

陶芸のどんなところに感動したのですか?

やはり土が焼かれることで表情がガラッと変わるところです。

窯で土を焼くということは、最終的には火の力、つまり自然に結果をゆだねるということで、土に込めた自分の創意が一旦すべてクリアーにされます。

そのうえで新たに自然から命が吹き込まれ感じがとても新鮮でした。

金工、木工は最後まで自分で作品を作りあげますが、陶芸は最後は自然に任さざるを得ないところに神秘性を感じました。

高校の陶芸部の顧問だった先生は、京都で修行し信楽焼の焼き締めを作る先生でした。瀬戸窯業学校の専攻科は生徒数が9人で、とても和気あいあいのクラスでした。

ろくろの技術から釉薬の知識など陶芸の基本的な知識・技術はその2年間で学びました。卒業後も瀬戸市内に2年半残り、自分で作陶を続けました。

楽焼が好きで、野焼きのワークショップで楽焼風な陶器も作りました。

私は特に弟子入りをしていないので陶芸の師匠はいませんが、影響を受けた陶芸家として尊敬しているのは、楽焼の初代、楽長次郎さんです。

彼の作った茶碗は素晴らしい。他には、岡部峰雄さんの亀甲青磁が好きです。

2018年11月3日笠間陶と暮らし 231

実用的な器作りと、芸術的な陶器作り、どちらを目指すか?

私はテーブルウェアとして日常使いの器づくりを目指しています。うつわは器である以上、使われてなんぼだと思います。

きれいな絵付けを施された大皿や大壺には違和感があります。飾っておくことが目的なら、皿や壺ではなく、鑑賞用の陶板でよいのではないでしょうか。

器として作った以上は器として使ってもらいたい。私は使われる陶器に関心があります。オブジェとしての陶器も将来は作りたいですが、その時は陶のオブジェとして作りたいです。

まずは陶芸家として仕事、生活を安定させ、そのうえで伝統工芸展などへも応募してみたいです。

将来の夢、目指す方向は?

将来の目標や到達点としては、いつか国立美術館で作品展をやること、もしくは所蔵してもらうか展示してもらうのが夢です。

大きな願望で恐縮ですが、100年後に今の時代を代表する陶芸家として、美術史に名を残せる陶芸家になるのが私の夢です。

陶芸家として分業制の流れ作業でやきものを作っている陶工さんではないので、個性や独創性、こだわりをもってこれからも作陶してゆくつもりです。

自分が納得できる作品を意図して作ってゆきたいと思います。

坂本新3坂本新2

今の作風に、どのようにたどり着いたのですか?

瀬戸の半磁器の土を使い、造形として形態のシャープさを追求してきました。

最初は磁器土は扱いづらいというイメージがありそれまで使っていなかったのですが、あるとき友人からブローチ展に誘われたのがきっかけで磁器土を使うようになりました。

陶器のブローチはどうしても重いので、軽く薄くできる磁器を選びました。その時に以前から知っていたラスター彩にたどり着きました。陶器作家と磁器作家では性格が違うと感じます。

陶器作家の作業場は概してぐちゃぐちゃなのに、磁器作家の作業場は整理整頓されていることが多いです。理由は扱う磁器が汚れをきらうためからなのでしょうか。

私の陶房の写真を見た知り合いの陶芸家から、「坂本さんの工房は磁器の人の工房だね」って言われたことがあります。

ラスター彩には高火度のラスターと低火度のラスター彩がありますが、私は低火度のラスター彩を使っています。

本焼きしたうつわに材料がチタンのラスター彩を使っています。チタンはからだに悪くない材料です。素焼き後、透明釉をかけて本焼きし、さらにラスター彩を刷毛で何回も塗り重ねています。

合計3回焼いています。おもに6色のラスター彩を使い、それらをブレンドして使っています。同じ色でも濃度によって色に変化をつけています。

 2018年11月3日笠間陶と暮らし 229

 作品を買ってくれたひとの反応は?

可愛い、きれいとか言ってくれます。特に30代の女性の方が買っていただける場合が多いです。若いご夫婦もよく買っていただけます。

売る際には自分の作品に特に名前は付けていませんし、似たような作風のライバル作家は見かけません。

陶芸関連の団体に所属する会員にはなっていません。弟子入りしたこともないので、入会を誘われたこともありません。

個展の会場を紹介してくれたり、陶芸家間のつながりができていいのかもしれませんが。

私は周辺の笠間で、同年代の陶芸家さんとは交流する機会に恵まれています。インスタグラムに作品をアップし、個展の案内も掲載しています。

2018年11月3日笠間陶と暮らし 227

陶芸作家としての売りは? こだわりは?

うつわの形はきれいなフォルムを意識しています。

例えば、うつわをテーブルに置いたときに高台のふちに線ができないように工夫しています。線が見えることでかっこが悪くなります。そこがこだわりです。

そのためにまず高台全体に釉を施し、焼く際に窯に引っ付かないように浮かせて焼きます。その後に高台の内側を削って完成させています。

見た目が良く、さらに使い勝手のよいうつわ作りが目標です。

ラスター彩を使っているのは、私がもともとキラキラしているものが好きだったことと、やきものでしか表せない質感を出したかったためです。

ラスターは貝の内側みたいな色で、ガラスでもラスター彩の色彩は出せません。

うつわ全面をラスター彩の一色で彩色しているのは、ラスター彩自体がわりとうるさい色調なので、模様や柄は使いたくないからです。

ラスター彩を使うデメリットは、チタンは体に安全な金属なのですが、食器として使うのに抵抗感を持つ方がいらっしゃることです。

鉛ではないので安全なのですが、安全なイメージがないのも事実です。釉薬として値段が高いのも事実です。

ラスター彩はコスト面を考えると大量生産には向きません。また誰にでも手に入る釉薬なので、使う際はそれなりの技術、センスで差別化することが必要です。

私が作品に模様をつけないのも芸術性を考え、アマチュアっぽく見えない様に工夫しているからです。

また私がラスター彩の単色にこだわるのは、どこから引っ張ってきたかわからないような作品に斬新さを感じないことと、作品がごちゃごちゃし過ぎないように気を付けているからです。シンプルさは大事です。

将来陶芸家を目指す人に一言

知名度がない陶芸家の収入は多くはありません。生活は厳しいですが、アルバイトでやりくりすることなく、作陶に専念しています。

陶芸と向き合い、やり続けることが大事だと思います。続けることで上達します。アルバイトに逃げない方がよいです。

アルバイトをするとそっちでお金が入ってくるので精神的な安心感はありますが、気が引き締まりません。自分の作品が時代に合っているのか分からず、先が読めなかったりすることがあります。

作りたい作品を作っていても時代の流れに合わずに売れなかったりすもします。陶芸家も時代の流れを読むことが大事なのではないでしょうか。

私は作りたいものを作るのではなく、自分でもほしいと思う作品をつくるように考えを変えました。安土桃山時代には、織部焼もある意味変わった最先端の作風でした。

現代に生きる一人の陶芸家として、自分の仕事を客観的な見ること、また自分のことを信じることが大事ではないでしょうか。

陶芸家 坂本新(Arata Sakamoto)プロフィール

1988年 千葉県船橋市生まれ
2009年 愛知県立瀬戸窯業高等学校 陶芸専攻科修了⇒ 瀬戸市内にて制作
2012-13年 渡英(地元作家との交流、学生への陶芸指導)
2013-15年 石垣焼窯元で職人として勤務(沖縄県石垣市)
2015年-現在 笠間市内にて制作

連絡先

E-mail:aratasakamoto1988918@gmail.com

作品

15034622_726196660871866_1071449333666152448_n (1)40880496_272090996964319_5200618512602610269_n
15259149_337963636578097_7793665801558425600_n41418466_2284457698263164_4205717585640380828_n
17077116_1255190614590042_3692162653116956672_n17127006_1267906859957504_1668658905472827392_n
40616999_1908339689246434_2698634782593990388_n40744062_2179392252346430_7857931185303877092_n

ライターコラム

陶芸家の坂本新さんは、ハングリー精神と作陶への意欲が強い将来ますます活躍が楽しみな作家さんです。

今後の活躍が楽しみなことと、数年後にまた是非インタビューをしたいと思いました。

ライター 小暮貢朗   

タイトルとURLをコピーしました