有田焼老舗のティー&ギャラリーが東京ミッドタウンにオープン

イベント紹介

この記事は読むのに、約 2 分かかります。

有田焼の有名ブランド、深川製磁による新業態ティー&ギャラリー、「FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN&TEA」が、2020年3月30日(月)に東京ミッドタウンにオープンする。

日本のデザイン・アートの発信地・六本木に誕生する「FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN&TEA」は、
東京2020という世界中が注目する節目の年に、国内外の多くの方々に深川製磁の器を実際に手に取り、食とともに体験していただきたいとの想いからオープンする。

磁器職人がひとつひとつの器に手わざを盛り込み、上品で透明感のある風合い、手に馴染む形や手触り、最適な重量など、長く使っていただけるよう細部まで精巧に作られた器だ。

国内有数の紅茶鑑定士が厳選した高品質な茶葉で淹れた紅茶や、自然派スイーツのパティスリー「shodai bio nature」のパティシエがつくる「FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN&TEA」限定のオリジナルチョコレートとともに、絶品の器を楽しめるチャンスとなる。

伝統とモダンが調和する柔らかな光に包まれた心地よい空間で、器が人に馴染み溶け込む感覚を体感できるでしょう。

筆者は10年前に、佐賀県有田町にある深川製磁(ふかがわせいじ)本店を訪ねたことがある。

隣接の工場では成型や絵付けを見学し、展示場では素晴らしい磁器の数々を鑑賞することができた。

下はその時撮った写真。

【店舗情報】
店舗名:FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN & TEA (フカガワセイジ 1894 ロイヤルキルン アンド ティー)
所在地:〒107-0052 東京港区赤坂9丁目7-4東京ミッドタウン ガレリア3F
営業時間:11:00 – 21:00
オープン日:3月30日(月)

タイトルとURLをコピーしました