陶芸便利帳

陶芸に関する情報コンビニです。

YouTubeで陶楽

【東京で穴窯体験】陶芸仲間で、スカーレットの穴窯を満喫

東京都八王子市川口在住の陶芸家・船越保さん所有の穴窯(自在窯)で、船越さん主宰の薪窯塾の仲間が、年2回窯焚きをしています。NHKの連ドラ『スカーレット』の主人公と同じく、信楽焼を焼いています。私も信楽焼の持つ緋色の肌合い、緑のビードロ釉、渋く深い灰被りの青や紫の焦げに魅了された一人です。信楽焼は「炎の芸術」です。
2020.02.24
インタビュー

【東京で穴窯体験】『スカーレット』の穴窯を体験してみませんか⁉

NHK連続テレビ小説「スカーレット」で紹介された穴窯。東京でこの穴窯で作陶する数少ない陶芸家をご紹介します。東京都八王子市の陶芸家・船越保さんと町田市の陶芸家・勝田友康さんのお二人です。一度見学してみませんか。陶芸体験もできます。土の感触はとても気持ちがいいですよ。
2020.02.24
全国の窯場

【信楽の窯元巡り】スカーレットの穴窯を巡る窯元散策のコツ

NHKの連続テレビ小説 『スカーレット』で注目されている信楽のまち。ドラマはやきものの里、信楽を舞台に、女性陶芸家の波乱万丈な人生を描きました。信楽焼は日本六古窯のひとつに数えられ、古くから日常に関わり歩んできたやきものです。その素朴な風合いは、いにしえの茶人たちを魅了しました。私のお気に入りは高橋楽斎窯です。
2020.02.24
私と陶芸

必見!私のスカーレット穴窯体験~信楽焼に挑戦しませんか?

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」をご覧になり、やきものにご興味を持った方はいらっしゃいますか? 触り心地の良い陶土が、いったん熱を加えると硬く焼き締まり、まったく別のものに変化するのが、今でも不思議でなりません。電動ろくろで成型し、電気窯で焼成する陶芸に飽きたときに出会ったのが、緋色が入った信楽焼でした。
2020.02.24
イベント紹介

有田焼老舗のティー&ギャラリーが東京ミッドタウンにオープン

有田焼の有名ブランド、深川製磁による新業態ティー&ギャラリーが、2020年3月30日(月)に東京ミッドタウンにオープン。磁器職人がひとつひとつの器に手わざを盛り込み、上品で透明感のある風合い、手に馴染む形や手触り、最適な重量など、長く使えるよう細部まで精巧に作られた器だ。
2020.02.24
YouTubeで陶楽

陶芸家がクラウドファンディング~その実現方法【YouTube版】

陶芸家がクラウドファンディングを利用する際の実現方法について、YouTubeでご紹介します。クラウドファンディングでは、自分でプロジェクトを立ち上げてお金を集め、やりたいことを実現することができるんです。もし「やりたいことはあるけどお金がない」と思っていたら、ぜひクラウドファンディングの利用を考えてみてください!
2020.02.25
YouTubeで陶楽

陶器を販売~ネットショップ開設で必要なこと【YouTube版】

陶芸家が陶器をネット販売する場合の、ネットショップ開設その他必要なことについて、YouTubeでご紹介します。自分の作品を販売しようと思ったとき、最近は「ネットショップで販売する」という方法がとても盛んです。インターネット上に自分のお店を持ち、そこに作品を並べて買ってもらうというイメージです。
2020.02.25
YouTubeで陶楽

陶芸家が自分の陶芸作品を販売する6つの方法【YouTube版】

陶芸家が自分の陶芸作品を販売する6つの方法について、YouTubeでご紹介します。どうやって生計を立てるのかわからないと不安で一歩踏み出すことができませんよね。自分の作品を販売して生計を立てていきたいと思ったら、販売方法を知る必要があります。どうやって陶芸の作品を販売することができるのか、6つの方法を紹介します。
2020.02.25
YouTubeで陶楽

【陶芸入門】初心者向けに陶芸をYouTubeで紹介

「陶楽 TO-RAKU.COM」サイトでは記事のほかに、初心者向けにYouTubeで陶芸を紹介する動画「陶芸入門」を作成しました。陶芸入門の記事、「その1からその20まで」を、YouTubu版にして収録しました。これを動画で、陶芸の一般的な知識がすべてわかります。
2020.02.25
イベント紹介

勝田友康陶芸展開催、東京文京区の音羽画廊に訪ねる

今回の個展訪問に先立ち、町田にある彼の陶房・柏葉窯を訪ね、窯焚きの様子を見学させてもらった。 だいだい色に光る炎が薪窯の煙突から勢いよく噴き出していた。今回の個展ではき締め(信楽焼風、備前焼風)の作品が多く展示されていた。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶磁器の見方、選び方、使い方のポイント

焼き物と一口に言っても陶器や磁器、炻器など、様々な種類があります。普段は何気なく使っているその食器、陶器か磁器かによって特徴がありますし、使うときやお手入れで注意したいポイントがあるんです。せっかく手に入れた器を長くきれいに使っていくためにも、その特徴と使うときの注意点を覚えておきましょう!
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶磁器の特徴~お手入れと使うときの注意点

焼き物と一口に言っても陶器や磁器、炻器など、様々な種類があります。普段は何気なく使っているその食器、陶器か磁器かによって特徴がありますし、使うときやお手入れで注意したいポイントがあるんです。せっかく手に入れた器を長くきれいに使っていくためにも、その特徴と使うときの注意点を覚えておきましょう!
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸を独学? 陶芸教室?オススメの学び方4選

陶芸を本格的に勉強したいと思ったとき、学習方法はおもに次の4つがあります。①独学、②陶芸教室、③大学、④訓練校。自分に向いている方法を見つけてください。本格的に学びたいのか、趣味でできればいいのか、それとも職人になりたいのか…それによって学ぶ方法は変わってきます。まずは近くの陶芸教室にお試しで入ってみるといいでしょう。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】自宅で陶芸~揃えておきたい6つのアイテム

陶芸教室に通うのがオススメですが、近くに陶芸教室がなかったり、時間が合わない場合、自宅で陶芸をするのもひとつの手です。その場合、道具を一通り揃えなければなりません。必要な道具は、手回しろくろ、陶芸スターターキット、陶芸用の土、木の板、釉薬、窯の6つです。どの程度自宅で作業するか考え、必要に応じて買い揃えてください。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸教室の選び方~ 確認したい5つのポイント

陶芸を始めてみたいと思ったら、まずは陶芸教室に入会して誰かに教えてもらうのがオススメです。独学で始めてもいいのですが、陶芸の基礎がわからないまま作ろうとしても挫折してしまう恐れも。家から通いやすい陶芸教室を探して、先生に教えてもらえる環境を探してみてください。陶芸教室選びで後悔しないためのポイントを5つご紹介します。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸体験の流れとかかる時間と注意点

最近は「モノを買うより体験を買う時代」と言われていることもあって、陶芸体験が大人気です。初めて行く場合・どんな流れで進むの?・どれくらい時間がかかるもの?と、気になることがいろいろあると思います。そこで、「陶芸体験を初めてやってみたい!」という人に向けて、一般的な流れとおおよその時間を解説します。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸体験~作りやすいオススメの形と作り方

初めて陶芸をするという方にオススメの形と作り方を紹介します。まず事前にそのお店のホームページなどで「どんなものが作れるのか?」と調べておくと安心です。とりあえず自分で何か作ってみたいという場合は、ご飯茶碗・湯のみ・小鉢のどれかを作ってみてください。電動ろくろも面白いですが、最初は手びねりを試してみるのがおすすめです。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸体験~おすすめの服装と持ち物や注意点

初めての陶芸体験、どんな服装や格好をしていくべきか悩みますよね。この格好なら陶芸体験を思いきり楽しめるという格好を解説します。①汚れが気にならない服装で行く。②動きやすく汚れてもいい靴を履く。③爪は短く切っておく。④手元のアクセサリーは外しておくといったポイントを押さえておけば、満足度の高い陶芸体験になると思いますよ。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶芸4つの基本~成型方法の特徴などを紹介

「陶芸を始めよう」と思ったとき、どんな作り方をイメージしますか?電動ろくろ?ひも状の土を手で積んでいく方法?どちらも正解ですが、陶芸では大きく4つの成型方法があります。手びねり、ろくろ、タタラ、鋳込みです。この4つの手法を組み合わせて幅広い作品を作りましょう。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。
2020.02.25
陶芸の手引き

【趣味で始める陶芸入門】陶器の装飾技法は4つ~ その装飾方法を紹介

うつわにどんな柄や色を付けるかでうつわの印象は大きく変わります。装飾方法は次の4つ。うつわに絵を描く色絵、染付、鉄絵、金襴手。釉薬で飾る灰釉、鉄釉、辰砂、志野、織部。彫り、刻みを付ける粉引、搔き落し、象嵌、刷毛目。異なる陶土を合わせる化粧がけ、練り込みなどです。この手法をを組み合わせ幅広い作品を作ることができます。
2020.02.25
タイトルとURLをコピーしました