【東京で穴窯体験】陶芸仲間で、スカーレットの穴窯を満喫

YouTubeで陶楽

この記事は読むのに、約 1 分かかります。

東京都八王子市川口在住の陶芸家・船越保さん所有の穴窯(自在窯)で、船越さんを囲む薪窯塾の仲間で、年2回窯焚きをしています。

NHKの連ドラ『スカーレット』の主人公と同じく、穴窯で毎回冷や冷やしながらも、やきものを楽しんでいます。

私は、信楽焼の緋色の肌合い、緑のビードロ、灰被りの青や紫の焦げに魅了されています。

毎回、自分の作品の出来上がりをイメージしているのですが、何せ自然が相手なので、思った通りのうつわはなかなかできません。

しかし、予想外に出来栄えの良いうつわに仕上がることもあります。

信楽焼は、まさに炎と灰が織りなす「炎の芸術」と言えます。

全画面に切り替えてご覧ください。

 

作成:小暮貢朗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。