焼成方法の移り変わり~古墳時代から現代まで【YouTube版】

YouTubeで陶楽

この記事は読むのに、約 1 分かかります。

陶磁器はやきものと呼ばれるように、窯で焼かれてはじめて完成品となります。

やきもの作りの中で、焼成が一番重要な工程です。

一般に素焼き、本焼き、上絵の焼き付けなどがあります。

では焼成で大事な役割を果たす窯(かま)は、一体いつ頃から日本で使われるようになったのでしょうか?

その起源は古墳時代後期までさかのぼり、須恵器(すえき)を焼く方法として、穴窯(あながま)がろくろといっしょに朝鮮半島から伝えられたと言われています。

やきものを焼くために必要な窯は、さまざまに工夫改良され今日まで変化してきました。

それでは縄文時代の野焼きから、現代のガス窯、電気窯まで「窯」の種類と焼成方法の移り変わりを追ってみましょう。

以下の記事は、BGMを聞きながら、動画でご視聴ください。


作成:小暮貢朗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。