陶磁器 産地 関東

広告
全国の窯場

やきものと言えば益子焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

益子焼(ましこやき)は栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器で、その存在が全国的に有名になったのは大正13年に陶芸家の濱田庄司が益子に定住し民芸陶を作り始めたことによる。 益子焼の歴史 益子焼の由来 栃木県の南東部にある益子と東側の茨城県境に連なる八溝山地の丘陵地は良質の粘土が採れ、窯...
2020.06.19
広告