陶磁器 産地 近畿

全国の窯場

丹波焼の産地は兵庫県【全国の焼き物と窯場を紹介】

丹波立杭焼(たんばたちくいやき)は兵庫県篠山市今田地区付近で焼かれる陶器。丹波焼、または立杭焼ともいう。六古窯の一つ。中世の丹波焼の特徴は赤っぽい土肌にかかる、焼き締めによる自然釉。備前焼、信楽焼に比べ、若緑色のおとなしめで爽やかな作品が多い。現代の丹波焼でもその風合いを引き継いだ民芸調の作品が多く見られる。
2020.06.19
全国の窯場

みやびな京焼は京都の陶磁器【全国の焼き物と窯場を紹介】

京焼(きょうやき)は日本の陶磁器のうち、京都で焼かれるやきもの。伝統的工芸品としての名称は京焼・清水焼。窯の所在地は東山が中心で、このほかに 洛東や洛北に点在した。歴史的には清水焼のほか、粟田口焼(粟田焼)、音羽焼、八坂焼、御菩薩池焼、修学院焼、清閑寺焼、御室焼などが含まれる。楽焼(聚楽焼)は含めないことが多い。
2020.06.19
全国の窯場

スカーレットで注目の信楽焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で、日本六古窯のひとつ。狸の置物が著名であるが、多様な発展を遂げている。室町・桃山時代以降、茶道の隆盛とともに「茶陶信楽」として茶人をはじめとする文化人に珍重された。現在では、タヌキなどの置物、傘立て、庭園陶器、衛生陶器など生活に根ざした陶器が造られている。
2020.06.19
全国の窯場

土鍋で有名な伊賀焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

伊賀焼(いがやき)は、三重県伊賀市にて焼かれている陶器。中世から始まったといわれる日本有数の古陶である。焼き締まった赤褐色の土肌に吹き出た無数の長石粒と折り重なり、質朴でありながら風流な焼き物となった。「遠州伊賀」や「筒井伊賀」などの茶器である。現在は土鍋や行平、土瓶などの日用食器が中心となっている。
2020.06.19