日本の陶芸の歴史~縄文からの変遷を解説【YouTube版】

YouTubeで陶楽

この記事は読むのに、約 1 分かかります。

普段私たちが使っている陶磁器の器、一体いつくらいから日本で作られるようになったと思いますか?

実は、その起源は縄文土器。一万六千年ほど前に始まったとされているんです。

そして本物の縄文土器が今もなお現存しているのだから、焼き物ってすごいですよね。

縄文土器から現在のような器になるまでには、さまざまな技術の進歩や時代ごとの変化がありました。

そんな長い歴史を持つ日本の陶芸の歴史について、順に紐解いていきます。

以下、記事はBGMを聞きながら、動画でご視聴ください。

作成:小暮貢朗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。