【趣味で始める陶芸入門】陶芸体験の流れとかかる時間と注意点

注目記事

まずは、陶芸体験をやってみたいお店を決めて、ホームページや電話で予約を取りましょう。

たまたま見つけた陶芸体験のお店に入って「今日できますか?」と聞いてもいいのですが、お店によっては当日入れないことがあります。

観光シーズンだと非常に混雑している場合もありますし、少ない人数で運営しているお店だと対応できる人がいないことも。

そのため、事前に予約しておくのが確実です。

予約する際には、プランを聞かれるかもしれません。陶芸体験といっても、お店によってさまざまなプランがあります。

もしホームページに情報があるようなら、プランを決めてから予約するとスムーズですよ。

広告

陶芸体験当日は動きやすい格好でお店へ

予約ができたら、当日は動きやすくて汚れてもいい格好で出かけましょう。

陶芸体験では汚れないように配慮されるものの、やはり土がついてしまう可能性はあります。

また電動ろくろを使った体験を行う場合、足を開いて座ることになるので、スカートよりジーンズなどのパンツスタイルがおすすめ。

足元もパンプスやブーツより、汚れの目立ちにくいスニーカーを履いておくと安心です。

そして土を扱いやすくするために、爪は短く切っておくようにしましょう。

陶芸体験は作務衣やエプロンを着て準備

お店に着いたら、まずは作務衣(さむえ)と呼ばれる作業服やエプロンを渡されます。(※これもお店によってさまざまですが)

服が汚れないように、それを着用します。

京都には、着物を着て陶芸体験ができるお店などもあって、そういう場合は割烹着を準備していることも。

陶器の作り方の説明を聞く

陶芸体験では、まずお店の方から作り方や陶器のことについて説明を受けます。

言葉だけでは伝わりづらいため、お店の方がデモンストレーションをしてくれることが多いでしょう。

それを一回見ただけで覚えるのは難しいので、説明すべてを覚えておく必要はありません。

実際に作る段階でお店の方がアドバイスしてくださいますので、大まかな流れが掴めればOK。

お店によってはデモンストレーションなしで、説明しながら体験を進めていく場合もあります。

この記事は読むのに、約 3 分かかります。

最近は「モノを買うより体験を買う時代」と言われていることもあって、陶芸体験が大人気です。

京都でも、観光地にある陶芸体験のお店はお客さんでいっぱい。

そんな陶芸体験ですが、初めて行く場合

・どんな流れで進むの?
・どれくらい時間がかかるもの?

と、気になることがいろいろあると思います。

そこで、「陶芸体験を初めてやってみたい!」という人に向けて、一般的な流れとおおよその時間を解説します。

陶芸体験プランを決めて事前予約

まずは、陶芸体験をやってみたいお店を決めて、ホームページや電話で予約を取りましょう。

たまたま見つけた陶芸体験のお店に入って「今日できますか?」と聞いてもいいのですが、お店によっては当日入れないことがあります。

観光シーズンだと非常に混雑している場合もありますし、少ない人数で運営しているお店だと対応できる人がいないことも。

そのため、事前に予約しておくのが確実です。

予約する際には、プランを聞かれるかもしれません。陶芸体験といっても、お店によってさまざまなプランがあります。

もしホームページに情報があるようなら、プランを決めてから予約するとスムーズですよ。

陶芸体験当日は動きやすい格好でお店へ

予約ができたら、当日は動きやすくて汚れてもいい格好で出かけましょう。

陶芸体験では汚れないように配慮されるものの、やはり土がついてしまう可能性はあります。

また電動ろくろを使った体験を行う場合、足を開いて座ることになるので、スカートよりジーンズなどのパンツスタイルがおすすめ。

足元もパンプスやブーツより、汚れの目立ちにくいスニーカーを履いておくと安心です。

そして土を扱いやすくするために、爪は短く切っておくようにしましょう。

陶芸体験は作務衣やエプロンを着て準備

お店に着いたら、まずは作務衣(さむえ)と呼ばれる作業服やエプロンを渡されます。(※これもお店によってさまざまですが)

服が汚れないように、それを着用します。

京都には、着物を着て陶芸体験ができるお店などもあって、そういう場合は割烹着を準備していることも。

陶器の作り方の説明を聞く

陶芸体験では、まずお店の方から作り方や陶器のことについて説明を受けます。

言葉だけでは伝わりづらいため、お店の方がデモンストレーションをしてくれることが多いでしょう。

それを一回見ただけで覚えるのは難しいので、説明すべてを覚えておく必要はありません。

実際に作る段階でお店の方がアドバイスしてくださいますので、大まかな流れが掴めればOK。

お店によってはデモンストレーションなしで、説明しながら体験を進めていく場合もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。