陶磁器 産地 四国

広告
全国の窯場

四国のやきものと言えば砥部焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

砥部焼(とべやき)は、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器である。一般には、食器、花器等が多い。愛媛県指定無形文化財。 後背の山地から良質の陶石が産出されていたことから、大洲藩の庇護のもと、発展を遂げた。 砥部焼の歴史 砥部焼の起源 砥部焼は、江戸時代中期に陶器を焼く窯として始まったが...
2020.06.19
全国の窯場

大谷焼は徳島の陶器【全国の焼き物と窯場を紹介】

大谷焼(おおたにやき)は、徳島県鳴門市大麻町大谷で作られる炻器を指す。 1780年(安永9年)に、四国八十八ヵ所霊場に来た豊後の国(大分県)の焼き物細工師・文右衛門が親子5人連れで大谷村山田の里(現在の大麻町大谷)に来て、はじめて轆轤細工を披露し、時の庄屋・森是助が素焼窯を築いて蟹ヶ谷の赤土で...
2020.06.19
広告