陶磁器 産地 中部

全国の窯場

土鍋で有名な伊賀焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

伊賀焼(いがやき)は、三重県伊賀市にて焼かれている陶器。中世から始まったといわれる日本有数の古陶である。焼き締まった赤褐色の土肌に吹き出た無数の長石粒と折り重なり、質朴でありながら風流な焼き物となった。「遠州伊賀」や「筒井伊賀」などの茶器である。現在は土鍋や行平、土瓶などの日用食器が中心となっている。
2020.06.19
全国の窯場

土鍋で有名な万古焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

萬古焼(ばんこやき、万古焼)は、陶磁器・焼き物の一つで、葉長石(ペタライト)を使用して耐熱性に優れた特徴を持つ。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器(炻器)に分類される。三重県四日市市の代表的な地場産業。その耐熱性を活かした紫泥の急須や土鍋が有名で土鍋の国内シェアは約8割。豚を模った蚊遣器「蚊遣豚」でも有名である。
2020.06.19
全国の窯場

せともので知られる瀬戸焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

瀬戸焼(せとやき)は、愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称。日本六古窯の一つ(瀬戸窯)。東日本で広く流通し、瀬戸物(せともの)は陶磁器を指す一般名詞化した。茶器桃山時代から、黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部などの茶器が多く作られるようになる。瀬戸の磁器は加藤民吉親子が有田から染付磁器の製法を伝え、磁器が主流となる。
2020.06.19
全国の窯場

朱泥の急須と言えば常滑焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

常滑焼(とこなめやき)は、愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器で、日本六古窯の一つ。江戸時代の終わりに連房式登窯が現れ土管・甕・朱泥製品がつくられた。明治時代になって倒炎式角窯が使われるようになり、土管・焼酎瓶・建築陶器(煉瓦・タイル)衛生陶器も作られるようになった。
2020.06.19
全国の窯場

織部、志野と言えば美濃焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

美濃焼(みのやき)は、岐阜県東濃地方の土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市に跨る地域で製作される陶磁器の総称。桃山時代に自由な発想で登場し、「美濃桃山陶」とも呼ばれる。中でも古田織部が創意工夫を凝らした「織部好み」は有名である。 志野茶碗の「卯花墻」(うのはながき)は、日本製の焼物では数少ない国宝指定物件の1つである。 
2020.06.19
全国の窯場

渋草焼は岐阜、高遠焼は長野【全国の焼き物と窯場を紹介】

渋草焼(しぶくさやき)は岐阜県高山市で焼かれるやきもの。飛騨赤絵、飛騨九谷と呼ばれる独自の磁器。今日では芳国舎と柳造窯の2か所が煙を上げている。高遠焼は、長野県上伊那郡高遠町(現伊那市)にて焼かれる陶器のこと。高遠焼の特徴は釉薬にあり、特に原料の粘土が赤土であるために彩りを出すため釉薬を二重掛けしているのが特徴。
2020.06.19