小久慈焼 特徴

全国の窯場

宮城、秋田、青森の3つの窯元【全国の焼き物と窯場を紹介】

堤焼(つつみやき)は仙台市で焼かれている陶器。始まりは江戸中期に仙台藩主の伊達綱村が江戸から今戸焼の陶工・上村万右衛門を招いたことにある。楢岡焼(ならおかやき)は、秋田県大仙市南外地域にて焼かれる陶器で、群青色の海鼠釉が鮮やかな色合いを出すことで知られる。小久慈焼(こくじやき)は岩手県久慈市で焼かれる陶器をいう。
2020.06.19