九谷焼 歴史

全国の窯場

磁器と言えば九谷焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

九谷焼(くたにやき)は、石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器で、その源流は「古九谷」と呼ばれる色絵磁器であると言われる。この伝統的な手法をベースに、現代感覚を盛り込んだ作品が多い。金沢工業学校が開校し、次代の陶芸家が育成されるようになった。二代浅蔵五十吉 、吉田美統 、三代徳田八十吉が有名。
2020.06.19