瀬戸黒

全国の窯場

せともので知られる瀬戸焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

瀬戸焼(せとやき)は、愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称。日本六古窯の一つ(瀬戸窯)。東日本で広く流通し、瀬戸物(せともの)は陶磁器を指す一般名詞化した。茶器桃山時代から、黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部などの茶器が多く作られるようになる。瀬戸の磁器は加藤民吉親子が有田から染付磁器の製法を伝え、磁器が主流となる。
2020.06.19
全国の窯場

織部、志野と言えば美濃焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

美濃焼(みのやき)は、岐阜県東濃地方の土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市に跨る地域で製作される陶磁器の総称。桃山時代に自由な発想で登場し、「美濃桃山陶」とも呼ばれる。中でも古田織部が創意工夫を凝らした「織部好み」は有名である。 志野茶碗の「卯花墻」(うのはながき)は、日本製の焼物では数少ない国宝指定物件の1つである。 
2020.06.19