李参平

全国の窯場

世界の有田と呼ばれる有田焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

有田焼(ありたやき)は、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器である。肥前磁器の焼造は1610年代から始まった。李参平は1616年に有田東部の泉山で白磁鉱を発見し、近くの上白川に天狗谷窯を開き日本初の白磁を焼いたとされ、有田焼の祖である。李参平を「陶祖」として尊重し祭神とする陶山神社(すえやまじんじゃ)もある。
2020.06.19