六古陶

全国の窯場

朱泥の急須と言えば常滑焼【全国の焼き物と窯場を紹介】

常滑焼(とこなめやき)は、愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器で、日本六古窯の一つ。江戸時代の終わりに連房式登窯が現れ土管・甕・朱泥製品がつくられた。明治時代になって倒炎式角窯が使われるようになり、土管・焼酎瓶・建築陶器(煉瓦・タイル)衛生陶器も作られるようになった。
2020.06.19
全国の窯場

越前焼は福井を代表するやきもの【全国の焼き物と窯場を紹介】

越前焼(えちぜんやき)は、福井県丹生郡越前町の主に宮崎地区・織田地区で焼かれる炻器。釉薬を用いずに高温で焼成されるときに薪の灰が器に流れ出し、溶け込む自然釉の風合いで知られる。高温で焼き締めるため、磁器と陶器の中間の炻器と呼ぶのが正しい。織田焼と呼ばれていたが、日本六古窯の一つにあげられた際に越前焼と名付けられた。
2020.06.19