陶芸4つの基本~成型方法の特徴を紹介【YouTube版】

YouTubeで陶楽

この記事は読むのに、約 1 分かかります。

「陶芸を始めよう」と思ったとき、どんな作り方をイメージしますか?

電動ろくろ?それとも、ひも状の土を手で積んでいく方法?

どちらも正解ですが、陶芸では大きく4つの成型方法があります。

  1. 手びねり
  2. ろくろ
  3. タタラ
  4. 鋳込み

基礎となるこの4つの手法を知り、好きな作り方を見つけたり、手法を組み合わせたりして幅広い作品を作ることができるんです。

では具体的にどんな作り方なのか、それぞれの手法の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

以下の記事は、BGMを聞きながら、ご視聴ください。


作成:小暮貢朗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。